粗大ごみや不要品の処分方法を準備段階で考えよう!

 

引越し先が決まったら、真っ先に考えるべきことは粗大ごみの処分です。

 

引越しの際に家具や家電の買い替えを考える人は多く、また最近では、造り付けのクローゼットや棚がある住居が増えているので、タンスや本棚など大きな家具が不要になることも考えられます。

 

粗大ごみの処分方法は、大きく3つに分かれます。

  • ①買取業者に売る
  • ②行政に処分を申し込む
  • ③引越し業者に処分を頼む

 

 

①については、ほとんど値段は付かないと考えた方が無難です。

 

特に家具については、売れるどころか、処分料金を請求される場合もあります。

有名ブランドの家具など、捨てるには惜しいというものであれば、写真を添付してWeb上で査定申し込みできる業者もあるので、一度問い合わせてみてもよいでしょう。

 

 

②は一番安価に処分できる方法ですが、多くの市町村では粗大ごみの収集日は月に1度ほどです。

 

申し込みが遅れると、引越し日までに処分できないこともあります。

 

処分を考えている粗大ごみがあれば、引越しが決まった段階で早めに申込むことをお勧めします。

 

やっぱり捨てないことにした、買取先が見つかったという場合には、申込みをキャンセルすれば問題ありません。

 

 

②の方法で、行政に処分を申し込んだ場合、粗大ゴミを所定のゴミ置き場まで自分で運ばなければならないという問題が出てきます。

 

また、処分料金は大きさによって変わってくるので、洋タンスのような大きなものだと、数千円の料金がかかる場合もあります。

 

 

 

そんな時は③の引越し業者に処分を依頼して、引越し当日に引き取ってもらうのが便利です。

 

 

原則オプションで別料金となりますが、交渉次第で割引してもらえることもあるので、見積もりの際に問い合わせてみるとよいでしょう。

 

 

ただし、リサイクル法が適用される冷蔵庫、洗濯機などを買い替える場合は、家電量販店に処分を依頼するのがベストです。

 

 

新居まで古い家電を運ばずに、新居先に新しい家電を運んでもらうよう購入先に手配しましょう。処分する家電を運ぶと無駄な運賃が発生してしまいます。