このご時世、引越しの挨拶って行くべきなの?

 

引越しはしたものの、隣近所への挨拶は果たして必要なものなのか迷うところではないでしょうか。

 

最近では、隣近所との関係も希薄になってきており、防犯や安全面であえて挨拶に行かないという、一人暮らし女性も増えてきています。

 

挨拶をするかどうか迷った時は、自分だったらと考えてみると答えが出てきます。

もし、お隣さんが引越してきた時、単身者用のマンションなら一人暮らしということは分かりますが、ファミリータイプのマンションや一戸建てのお家の場合は、どんな家族構成なのか気になります。

 

他にも、お隣が変な人、怪しい人ではないことを願いつつ不安になりながら生活するのもストレスになりますね。

 

 

それであれば、引越しして早い段階で挨拶に来てもらった方が、気持ち良くお隣さん同士暮らしていけるのではないでしょうか。

 

 

では、挨拶に行くと決めた場合、次に考えるのは、挨拶に行くタイミングと何を持っていくかです。

 

タイミングとしてはできるだけ早めに挨拶に行くのがよいでしょう。

遅くとも引越し前日までには済ませておくのが理想です。当日はバタバタと騒音が出て迷惑をかける事もある為です。

 

時間帯は夜7時前には済ませておきたいところです。

 

範囲としては、

  • 一軒家の場合、向こう三軒両隣が基本で、自治会長さんにも挨拶を行っておきましょう。
  • マンションの場合、上下と両隣、また大家さんや管理人さんへの挨拶で十分です。

 

 

 

 

持って行くものは、あっても困らないものタオルなどが良いですね。予算は500円程度でノシには名前だけを記載しておきましょう。

 

 

また、注意点として個人情報漏えい等で騒がれている現代です。

はじめのうちは詳しい情報は必要なく、名前や家族構成等ざっくりした内容でよいと思います。

徐々に関係が仲良くなることもありますが、最低限知っておいてもらいたい情報を伝えましょう。

挨拶に行っても嫌な顔をされたり、マナーを守れば文句を言われることはないのですから、迷った時は挨拶に行くというのも一つの手です。