荷造りで必要な資材や効率的に終わらすためのコツを把握しよう

 

意外と手間のかかる梱包作業。簡単にさくさく終わらせたいですよね。

 

箱詰め作業にもちょっとしたコツがあります。

 

ですが、その前に箱詰めに必要な物を準備します。

 

  • まずは、ダンボール(1名につき15枚から20枚ほど)。
  • そして、油性のマジックペン
  • 食器類をまとめる際に使う新聞紙やチラシ、プチプチ等です。
  • あとは、ハサミ、カッター、布ガムテープ

といった物を準備します。

 

では、何から箱詰めしていけばよいのでしょうか。

 

日常的に使う頻度が少ないものからになります。

 

例えば、シーズン以外の洋服。

思い出の品物、本やCD・DVD等は、今すぐに使うものではないですから、先に梱包できますね。

 

梱包していく中で、不要な物や使っていないものは思い切って処分するか、もしくはリサイクルショップへ持って行きます。

 

 

この機会に、自分の身の回りの整理して、身軽に新生活をスタートさせましょう。

 

 

箱詰めで注意するのは、重い物は小さいなダンボールへ、軽い物は大きなダンボールへ梱包することです。

 

マジックペンで記入する際には、何が入っていて、どこの部屋で使用するかも書いておくとよいでしょう。

 

 

ここでひとつポイントがあります。

 

それは、引越し前日そして当日、また引越した新居で、すぐに使いそうな物として別枠で準備しておくとよいでしょう。

 

すぐに使用とでも書いて専用箱に梱包していきましょう。

 

      • 掃除用品、
      • お風呂
      • 洗面所
      • トイレ用品
      • 紙皿や紙コップ、
      • 割り箸、
      • 新居で使うカーテン、
      • タオル等です。

 

これらは、生活していくうえで必要な物ですので、最後にパッと梱包できるようにしておきましょう。

 

 

最後に、ダンボールは少し多めに準備しておくことをお勧めします。

 

 

引越し当日、荷物の搬出作業中に出てきてしまう小物や見落としているものが出てきます。

 

 

仕分けしている時間はないので、まとめてダンボールに入れられことで、無駄に作業をとめることなくスムーズに引越しができます。