web見積もりを行っても、訪問見積もりは必ず必要?

 

引越しの見積もりをする際はまずWebで、という人が増えているようです。

 

 

無料で一括見積もりができるサイトがいくつもあり、見積もりをお願いしたい業者を複数選べるようになっているので便利です。

 

 

が、この一括見積もりですんなりと引越し料金がわかるわけではありません

 

 

一括見積もり依頼後は、引越し業者から直接メールや電話がありますが、訪問見積もりをしないと正確な料金は出せないと言われたり、また、料金を提示してくる業者があったとしても、それは目安の料金にすぎません。

 

 

仮に、一番安い料金を提示してきた業者に決めようとしても、契約する前には訪問見積もりが必要になります。

 

 

訪問見積もりの時間がとれない、知らない人に家の中を見られるのは抵抗がある、というような理由で、訪問見積もりを避けたいと考える人もいますが、あまり賢明な方法とは言えません。

 

 

Webでの見積もりは、荷物は自己申告です。

 

 

入力もれがあったり、外に置いている自転車やバイクのことを忘れていたり、というケースもあり、訪問見積もりなしでの引越しはトラブルの原因になりかねません。

 

 

きちんとした引越し業者なら、引き受けたがらないでしょう。

 

 

訪問見積もりでは、引越し業者は荷物の量を見るだけではなく、家の前の道路の状況や、荷物を運び出す際の出入り口の広さなどもチェックし、作業にかかる時間も予測しながら料金を算出します。

 

その上で交渉が始まります。

 

 

また、この引越し料金は、交渉次第で下げることができます。

 

 

営業マンの方から、午後からの引越しならもう少し安くなります、フリー便なら安くできます、というような提案もしてくれます。

 

 

段ボールの無料サービスなど、料金に含まれる細かい内容についても詳しく知ることができますし、また、処分したい家具がある、エアコンの付け替えが必要といった場合には、オプションのサービスについての質問もできます。

 

 

交渉を進めるうちに、本来有料のサービスを無料にしてもらえることもあります。

 

 

特に閑散期の引越しでは依頼者側が有利となるので、他社にも訪問見積もりを依頼していると告げると、値引きをしてくれる営業マンは少なくありません。

 

 

一人暮らしで荷物が少ないような場合には、写真を送ることで見積もりをしてくれる業者もありますが、トラブルを防止し、引越し料金を抑えるためには、積極的に訪問見積もりをしてもらうことをおススメします。